中島かずき

Nakashima Kazuki

生年月日 : 1959.08.19
出身地 : 福岡県

1985年「炎のハイパーステップ」より座付き作家として劇団☆新感線に参加。座長いのうえひでのりとは高校演劇を通して知り合う。「銀河旋風児SUSANOH」「髑髏城の七人」「阿修羅城の瞳」など歴史や神話をモチーフに物語性を重視し、複雑に絡み合う伏線を多用した脚本は、疾走感とグルーヴ感あふれる演出とあいまって劇団の代表作となっている。また、「No.9 -不滅の戦慄-」(15・18-19)、「真田十勇士」(13・15)、「ジャンヌ・ダルク」(10・14)、「戯伝写楽」(09)、「レディ・ゾロ」「OINARI -浅草ギンコ物語-」(03)等の外部への書き下ろし作品も多数。演劇以外にも映画やテレビの脚本、コミック原作、テレビアニメ「天元突破 グレンラガン」(07・TX)や「キルラキル」(13・MBS/TBS)の脚本・シリーズ構成やアニメ版「のだめカンタービレ フィナーレ」(CX・10)のシリーズ構成、「仮面ライダーフォーゼ」(11・EX)、劇場アニメ「ニンジャバットマン」(18)の脚本のほか、オリジナル小説「まつるひとびと」(11)を出版するなど活躍の場は広い。2019年に脚本を担当した劇場アニメ「プロメア」が公開された。

受賞歴

 
第47回岸田國士戯曲賞(『アテルイ』)